| HOME | NNYJとは | 実績 | 学習会 | 組織概要 | お問い合わせ | English |
2014.10.01 Wednesday 00:00

学校&チャイルドセンター視察

セカンダリースクール視察

留学生が案内してくれました。

カウンセリングルームです

カウンセラーです。生徒一人一人にカウンセラーが決まっています。
進路のことを相談するガイダンスカウンセラー、心理士のカウンセラーがいます。
生徒は、進路のこと、悩みなどカウンセラーに相談し、必要であれば、病院等を紹介します。
いじめの問題は、徹底的に話し合いをし、クラスを変える、学校を変えるということも行います。
不登校はなく、保健室登校もありません。学校に子どもが通えるようにするサポート体制が整っています。
子どもを学校に通わせない親は、法律で罰せられます。
カウンセラーは常駐。
スクールナースは週に2日います。保健室はなく、医務室があります。
国民皆保険制度になり、スクールナースは常駐でなくなったそうです。これは、病気の生徒は無料で病院にかかることができるため、ナースは必要がなくなったとのこと。(救急救命は、教員の全員がトレーニングされできる)医務室にはベッドがあり、休養が必要な生徒が利用します。
スクールナースが常駐していないが、「健康を促進すること」「予防」が重要であると考え、健康(保健)と体育の授業を充実させている。
ソーシャルワーカーは週に1日います。
問題が起きる前に対応するプログラムが構築されているとのこと。
カウンセラーの話をきいて、スクールナースと養護教諭を比べるよりも、カウンセラーの方が類似している部分があるなと感じました。

校長先生です。若い!日本とは違い、学校経営を大学で学んだ、専門家として着任します。

アロハシャツ。先生も自由な感じです。
先生の教室に生徒が自分の時間割で移動してきます。
先生が移動するのではありません。

アロハな先生の教室の天井は、掲示物!



生徒も自由な感じ。

机の上にはお菓子や飲み物があります。
日本なら「不届き者」ですね。


もちろん、お菓子も売っています。

特別支援クラスの生徒さんと先生がゴミを集める実習中。

体育館。学校在籍数に比べて小さく感じました。
全校生徒が集まる集会、儀式的行事はないため、小さくてよいそうです。


タバコに予防の教科書です。
健康教育は保健体育教師が授業で行います。
カリキュラムがあります。

Heart Smart Kid'sの教科書。
日本のように「雨降り保健」ということはありません。
性教育は、様々な人種、宗教の生徒がいるため、事前に家庭に学習内容を知らせ、保護者の承諾を得てから授業を行います。
保護者が内容に同意できない場合は「授業を受けない」こともできます。

ピアサポートに取り組んでいます。



チャイルドケアセンター見学
性的虐待、ネグレクトなどが増えています。
教育が一番の予防対策と考え、様々な教材、プログラムを提供しています。


教具の貸し出し。

貸し出し用の教材のストック。


 

 
CATEGORY
NEW ENTRY
PROFILE
ここから検索して買うとNNYJへの支援になります!
おすすめ
OTHER
MOBILE

Copyright (C) 2015 NNYJ All Rights Reserved.